おもいっきり、遊ぼう

私たちは『幼稚園とは、子どもたちが遊びを通して多くのことを学ぶ場所』
考えています。 なぜなら『遊び』の中には、
様々な人と関係することにより生まれる ワクワクする発見やドキドキする驚き、
感動や我慢することなど人として大切なことを学び、
幼児期に必要とされる、身につけるべき体験のすべてが詰まっているからです。
さらに遊びこめば遊びこむ程より深く身に付けることができます。
幼児期に思いっきり遊べた子どもたちは、
自然と勉強に対する好奇心旺盛な姿が見られるようになります。
進学すれば、皆、勉強しますが、
思いっきり遊べる時期は『今』なのです。
与野本町幼稚園ではその遊ぶ場所、時間を大切にしています。

明るく楽しく、学ぼう。

私たちは「自分でできる子を育てる」ことを教育目標としています。
遊びを通し、様々なことが「できるようになっていく」過程を大切にし、
年齢に合った生活習慣や運動等が
「できるからおもしろい」「できるから楽しい」という感覚を味わってもらいたい。
できるようになってほしい、という考えです。
私たちの考える「できる子」とは、人並み以上にできるということではありません。



こんなことができる子になってほしい
・健康であかるい生活を送ること
・友だちと仲良く楽しく遊ぶこと
・基本的な生活習慣を身につけること
・情操の豊かな、思いやりをもつこと
・よく見、よく聞き、自分で考えること



元気いっぱい、歩こう。徒歩通園

なぜ徒歩で通園をしていただくのか。
『歩く』ということはあらゆる神経を発達させ、低体温や
それに伴うヤル気のなさを解消します。また登降園時に自身の地域の様子を知ったり、
季節の移り変わりを肌で感じるなど、様々な発見をすることができます。
これらの体験によって感性豊かな子に育ちます。

忙しい日常が当たり前の昨今、ゆったりした気持ちで
親子の大切なコミュニケーションの時間と考えてください。
そして『おはようございます』『さようなら』と子どもと一緒に言っていただければ
自然にあいさつが身につきます。
ぜひ、お母さまやお父さまが率先してあいさつする姿を見せてあげてください。
子どもと一緒に歩く、幼児期の教育では大切なことではないでしょうか。
私たちと一緒に、一歩ずつ歩いてみませんか?

それでも日頃、時間が足りない、どうしても忙しいというご家庭も多いと思います。
私たちで少しでも手助けができるよう、コース別の降園も行っています。
各コースに先生がつき、列を作って歩きます。

健康なカラダ、作ろう。空手・体操

与野本町幼稚園ではカリキュラムの中に、毎週火曜日には『空手』
木曜日に『体操』の時間を設けています。
(全園児対象/年少の空手は3学期から)

『空手』を取り入れてからは子どもたちの大きなケガが減少しました。
これは、十分な柔軟体操によるものと、反射神経を鍛えられた結果だと思われます。
また、いざという時に大きな声を出す練習にもなります。
『世界大会四連覇』という経歴をお持ちの長崎 勝先生を特別講師として迎え、
本格的な指導を行っています。

また『体操』によって楽しく体を動かすことを身につけていきます。
卒園時にはほぼ全員が鉄棒の逆上がりができるようになります。
年長になると、運動会での組体操も非常に高度な演技を披露しています。
運動会は、与野本町小学校のグラウンドをお借りしての開催です。
運動会は毎年、与野本町小学校のグラウンドをお借りして開催しています。
通常より広々とした場所で、のびのびとした子どもたちの姿が見られます。
未就園児や卒園生の競技もあります。ぜひ一度、見学・体験してみてください。